柏市 耐震工事 制振 制震 リフォーム 省エネ住宅 エコ住宅  助成金 減税 青木建設株式会社

まずは耐震診断!

新耐震木造住宅検証法(S56~H12年)

新耐震木造住宅検証法

「熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会」報告書 概要(抜粋)


4.調査結果を踏まえた総括
4.1.1 木造
○ 旧耐震基準(新耐震基準導入以前のものをいう。以下同じ。)の木造建築物について
は、過去の震災と同様に新耐震基準導入以降の木造建築物と比較して顕著に高い倒壊率
であった。必要壁量が強化された新耐震基準は、旧耐震基準と比較して、今回の地震に
対する倒壊・崩壊の防止に有効であったと認められ、旧耐震基準の木造建築物について
は、耐震化の一層の促進を図ることが必要である。


○ 新耐震基準導入以降の木造建築物では、接合部の仕様等が明確化された2000 年以降
の倒壊率が低く、接合部の仕様等が現行規定どおりのものは、今回の地震に対する倒
壊・崩壊の防止に有効であったと認められる。このため、2000 年に明確化された仕様等
に適合しないものがあることに留意し、被害の抑制に向けた取り組みが必要である。


○ 大きな被害のあった益城町中心部においても、住宅性能表示制度に基づく耐震等級
(構造躯体の倒壊等防止)が3のものには大きな損傷が見られず、大部分が無被害であ
った。このため、木造住宅に関して消費者に向けてより高い耐震性能を確保するための
選択肢を示す際には、住宅性能表示制度の活用が有効と考えられる。

7e8b2cfdbbcffdee336957151d6ce361-640x421

 

 

 

日時:平成30年4月15日(日) 11:00~12:30
会場:パレット柏 ミーティングルームAにて
柏市柏6-2-22

内 容
■ミニ講習会
(耐震診断や耐震改修の基礎知識について わかりやすくご紹介)

■個別耐震相談
木造住宅(在来工法)を対象 築年数不問
主催:かしわ地域防災エコネット
※ 参加費は無料。
お申込  mail: info@iiie-aoki.co.jp
先着 5組予約制です。

なぜ耐震工事が必要なのか?

1995年に発生した阪神淡路大震災では多くの方が亡くなりました。
亡くなった方の8割~9割の方が住宅倒壊による圧迫死が原因だといわれています。
住宅や建物の補強工事で耐震性を高め、あなたと家族の命や財産を守りましょう!

 

熊本地震でわかったこと

建築基準法は最低基準。

昭和56年以降の木造住宅は柱頭・柱脚金物の補強が重要

 

 

 

 

 

tl-img10-2_

 

 

耐震診断とは2004年度改定版「木造住宅の耐震と補強方法」にのっとって行います。 一般耐震法、及び精密診断法にて判断いたします。 診断の対象となる地震とは、建物がその耐用年数の間に一度遭遇するかもしれない『大地震動』とし 評点によって倒壊の可能性を判断します。

評価基準の例
評点
判定
1.5以上
◎ 倒壊しない
1.0以上~1.5未満
○ 一応倒壊しない
0.7以上~1.0未満
△ 倒壊する可能性がある
0.7未満
× 倒壊する可能性が高い

※診断内容について、詳しくは当社にご相談ください。

 

 

 

tl-img10-4

img10-2 tl-img10-5

「耐震リフォーム」で住まいをもっと安全・安心・快適に!

柏市の木造住宅の耐震改修費助成制度

受付期間  平成29年11月30日まで最大で60万円まで助成(費用の1/3)

詳しくは、柏市のHPにて また、ご相談いただければご案内いたします。

(毎年、最多申請件数を更新中!)

柏市のHPより必要申請書類がダウンロードできます。

柏市の木造住宅の耐震診断助成制度

【対象となる木造住宅】

木造住宅で次の全てに該当するもの

ア.市内に現に存する建築物であること。

イ.居住の用に供する建築物であること。

ウ.主要構造部が木造であること。

エ.在来工法により建築されたものであること。

オ.昭和56年5月31日以前に着工された建築物であること。 カ.一戸建ての住宅または併用住宅であること。

ク.地上階数が2以下であること。

【対象者】

上記の木造住宅を所有し、かつ居住する方で、木造住宅耐震診断士により 耐震診断を受ける者が対象者となります。 受付期間  平成28年12月25日まで

助成金額 最大4万円

自己負担(2万~4万円)程度です。詳しくはお問い合わせください。

柏市のHPより必要申請書類がダウンロードできます。

TOPICS

2017/7 既存住宅現況調査員登録(インスペクター)

既存住宅現況検査⇒既存住宅現況調査へ

5月の第一回目の移行講習を受講し合格しました。

 

 一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会

青木一男(既存住宅状況調査  技術者修了証明書番号 01-17-00128)

 

 

2015/1 省エネ住宅ポイントスタート!

制度を分かりやすく解説。詳しくはこちらから。

http://www.lixil.co.jp/shouene-point/pdf/150122_XU1600_S.pdf

 

省エネ住宅ポイント制度とは?

 

エコ住宅の新築またはエコリフォームをした場合に 、

ポイントが発行され、そのポイントを

エコ商品や商品券等と交換できる制度です。

 

耐震改修にもポイント

 

2012/6  復興支援・住宅エコポイント予算枠残りわずか

被災地以外の予算枠が、7月中旬にも達成する見通しだそうです。

 

ただ、柏市は被災地となっていますのでまだ大丈夫です。

被災地かどうかの検索は、復興支援・住宅エコポイントのHPで確認できます。

 

2011/11/21より 復興支援・住宅エコポイントにて耐震改修に15万ポイント!

<エコリフォーム> 1戸あたり300,000ポイントを上限とします。

 

窓の断熱改修工事、外壁、屋根・天井又は床の断熱改修工事、

バリアフリー改修及び住宅設備の設置(太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽)に加え 、

リフォーム瑕疵保険への加入をした場合には一律10,000ポイントを発行

 

耐震改修を行った場合には1戸あたり300,000ポイントの上限とは別に150,000ポイントを加算

 

2011/10/20 平成23年度「我孫子市木造住宅耐震診断&耐震改修助成 受付開始

木造住宅耐震診断助成金申請については、

6月に助成予定件数に達したため受付は終了しましたが、

10月20日(木)から受付を再開します。

 

受付期間等について  

受付期間:平成23年10月20日(木)から平成23年12月16日(金)まで  

助成棟数:10棟(先着順です。)

 

2011/9/15  東日本大震災に学ぶ 木造住宅耐震セミナー

㈱インテグラル 柳澤泰男社長の講習会を柏商工会議所建設業部会で開催を企画

司会者として参加してきました。

 

2011/01/17 神戸で“木の家”耐震改修 大勉強会に参加してまいりました。

 

16年目を迎えた阪神淡路大震災。人と防災未来センターにて再度、この震災の恐ろしさを体感してまいりました。

> 詳しい内容はこちら

 

2011/5/23  震災復旧のための震災建築物の被災区分判定基準および復旧技術指針

 

3・11を受けて開催されましたので、受講してきました。

 

2008/05/28 建築士会より感謝状をいただきました。

 

 

 

建築士会より感謝状をいただきました。

 

 

2006/10/30 木造住宅を地震倒壊から守る会 発足!

 

「木造住宅を地震倒壊から守る会」が発足しました。

 

この会は、ひとりでも多くの命を守る!

 

それこそが建築士の使命と燃える耐震診断士を中心とした会です。

 

耐震診断相談会を中心に、安心して暮らせる地域づくりを支援します。

 

主な活動拠点:柏市民活動センター

TOPICS

2015/1 省エネ住宅ポイントスタート!

制度を分かりやすく解説。詳しくはこちらから。

http://www.lixil.co.jp/shouene-point/pdf/150122_XU1600_S.pdf

 

省エネ住宅ポイント制度とは?

 

エコ住宅の新築またはエコリフォームをした場合に 、

ポイントが発行され、そのポイントを

エコ商品や商品券等と交換できる制度です。

 

耐震改修にもポイント

 

2012/6  復興支援・住宅エコポイント予算枠残りわずか

被災地以外の予算枠が、7月中旬にも達成する見通しだそうです。

 

ただ、柏市は被災地となっていますのでまだ大丈夫です。

被災地かどうかの検索は、復興支援・住宅エコポイントのHPで確認できます。

 

2011/11/21より 復興支援・住宅エコポイントにて耐震改修に15万ポイント!

<エコリフォーム> 1戸あたり300,000ポイントを上限とします。

 

窓の断熱改修工事、外壁、屋根・天井又は床の断熱改修工事、

バリアフリー改修及び住宅設備の設置(太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽)に加え 、

リフォーム瑕疵保険への加入をした場合には一律10,000ポイントを発行

 

耐震改修を行った場合には1戸あたり300,000ポイントの上限とは別に150,000ポイントを加算

 

2011/10/20 平成23年度「我孫子市木造住宅耐震診断&耐震改修助成 受付開始

木造住宅耐震診断助成金申請については、

6月に助成予定件数に達したため受付は終了しましたが、

10月20日(木)から受付を再開します。

 

受付期間等について  

受付期間:平成23年10月20日(木)から平成23年12月16日(金)まで  

助成棟数:10棟(先着順です。)

 

2011/9/15  東日本大震災に学ぶ 木造住宅耐震セミナー

㈱インテグラル 柳澤泰男社長の講習会を柏商工会議所建設業部会で開催を企画

司会者として参加してきました。

 

2011/01/17 神戸で“木の家”耐震改修 大勉強会に参加してまいりました。

 

16年目を迎えた阪神淡路大震災。人と防災未来センターにて再度、この震災の恐ろしさを体感してまいりました。

> 詳しい内容はこちら

 

2011/5/23  震災復旧のための震災建築物の被災区分判定基準および復旧技術指針

 

3・11を受けて開催されましたので、受講してきました。

 

2008/05/28 建築士会より感謝状をいただきました。

 

 

 

建築士会より感謝状をいただきました。

 

 

2006/10/30 木造住宅を地震倒壊から守る会 発足!

 

「木造住宅を地震倒壊から守る会」が発足しました。

 

この会は、ひとりでも多くの命を守る!

 

それこそが建築士の使命と燃える耐震診断士を中心とした会です。

 

耐震診断相談会を中心に、安心して暮らせる地域づくりを支援します。

 

主な活動拠点:柏市民活動センター

TEL

メールでのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから